ワードプレスの記事をどこまで拡散できるのか?そのための実験教室なわけですが、海外のプラグインも使えば、無料で記事の拡散はある程度まで可能になります。

今回私が実際に利用した中で、実際に効果がてきめんだったものついて紹介しようと思います。いくつかあるのですが、初心者でも簡単に導入できるのがjetpackですね。

 

Jetpackでツイッターとフェイスブックに同時投稿しよう

まずはjetpackをインストールしてくだしさい。その前にワードプレスコムでアカウントを取っておく必要がありますよ?

 

プラグインを導入したら、パブリサイズの部分をクリックします。

2016-07-07_17h38_47

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとはフェイスブックやツイッターとの連携ボタンを押せばOK!他にもリンクトイン、タンブラー、グーグルプラスと連携ができるので一応やっておきましょう。

Twitterとフェイスブックに関しては、それぞれに集客ツールがありますので、それぞれのツールを動かすことで、それぞれのメディアで自動集客。

 

そして集客してあるメディアに記事を拡散することで、さらに効率の良い集客が可能になります。

 

 

2016-07-07_17h39_13

 

 

 

 

 

 

ここで大切なのは属性の一致です。フェイスブックファンページ、ツイッターの両アカウントはメインブログのキーワードとあったテーマで作りこんでください。

 

例えば、ダイエット用のワードプレスブログを作るなら、ツイッターもダイエットのつぶやき。フェイスブックもダイエット仲間募集のアカウントにするなど統一感を持たせましょう!

 

そうしないとせっかく同時投稿した記事に魅力を感じる人が起きず、拡散が起きにくいです。

 

拡散先のヘッダーデザインは統一すると効果的

もう一つ重要なのはツイッターやフェイスブックのヘッダー画像です。なるべくメインのワードプレステーマのデザインと同じものにしましょう。ロゴを統一するなどでも良いのですが、人は関係のない別サイトにどんどん飛ばされるのを嫌います。

本当に些細なことなのですが、拡散集客をする場合は関連度が重要です。Twitterで10アクセス、フェイスブックで10アクセス増えるだで、結局元のワードプレスはアクセスが20になって戻ってきます。

細かい数字の寄せ集めが大きな結果になることを忘れないようにしてください!